保健医療学部 看護学科

アドミッションポリシー

看護学科では次のような人材を求めています。

  1. 多様な価値観を受け入れることができる人

  2. 思いやりをもって人にかかわることができる人

  3. 他者と協働しながら地域社会に貢献する意欲がある人

  4. 高等学校等で学ぶ知識・技能(特に、国語、英語、数学、理科)を身につけている人

  5. 課題解決に向けて思考し、行動できる人

  6. 看護学を学ぶ意志を持ち、主体的に学修に取り組むことができる人

カリキュラムポリシー

看護学科のカリキュラム編成方針は次の通りです。

  1. カリキュラムデザインは一部統合型とし、教科型と統合型の利点を複合させる。

  2. カリキュラム編成の枠組みは、基礎科目、専門基礎科目、専門科目の3つの群に区分し、それぞれの教育内容は、ディプロマポリシーの能力獲得を目指す内容とする。

  3. 基礎科目は、社会人としての教養と共に、大学での学修を効果的に取り組む方策を身につけるねらいと、専門科目及び、それを理解するために必要な専門基礎科目の理解にむけての基盤の位置づけであり、「基礎教養ゼミナール」「情報と言語」「人間と健康」「人間と生活」の教育内容とする。

  4. 専門基礎科目は、専門科目である看護学の内容理解の基盤として位置づけ、「人間の理解」「健康の理解」「環境の理解」の教育内容とする。

  5. 専門科目の看護学の区分軸は、看護が担う本質や役割のもと、対象の成長発達と機能および健康の状態、看護の場の特徴から、9つの領域(基礎看護学、在宅看護学、成熟期看護学、母性看護学、小児看護学、精神看護学、看護の統合、公衆衛生看護学、助産学)に区分する。

  6. 5のそれぞれの看護学の教育内容は、看護の実践に向けて不可欠な目的・本質、対象の理解、および看護の方法を含む、また、この教育内容には、共通的に主要な要素として、「臨床判断力の育成」「地域包括ケアの概念と活用」「情報の活用」を包含して構築する。

  7. 基礎科目・専門基礎科目・専門科目のいずれの科目においても、教育内容に対応した教育方法(講義・演習・実習)を用いる。

  8. 基礎科目・専門基礎科目・専門科目のいずれの科目においても、教育内容に対応した適切な教育評価を行う。

  9. 学生が、主体的にキャリア能力を育成し続けるために必要な学修力の獲得に向けた教育内容・方法を導入する。

  10. 学生が効率的に学修でき、成果が上がることを目指し、基礎科目・専門基礎科目・専門科目の内容を十分精査したうえで、必要かつ最小限の教育内容に精選する。

  11. 基礎科目・専門基礎科目・専門科目のいずれにおいても、科目配列の順序は、体系だった理解が容易になるための配列、時間数とする。

  12. このカリキュラムの各科目の目標・教育内容・方法・評価を明確にするためにシラバスを設ける。

  13. 本カリキュラムの教育内容により修得できる看護職のキャリアは、看護師国家試験受験資格である。また、コースを選択することにより、保健師あるいは助産師の国家試験受験資格も修得可能な構築とする。

ディプロマポリシー

学科の教育目標を踏まえ、看護学科の学位授与の方針は次の通りです。

  1. 看護学を活かして看護実践力が身についている。

    1)看護学の専門的な知識が修得できている。
    2)看護の対象を理解し臨床判断することができる。
    3)看護技術が身につき経験を活かしてケアに活用できる。

  2. 人間、社会、環境、看護を理解し、適切に捉えるために必要な他の学問の知識が修得できている。

  3. 人を尊重し、看護に対して倫理的に志向でき対応できる。

  4. 物事を科学的(自然科学、人文科学)に捉えるための論理、思考ができる。

    1)情報を活用し、分析統合して論理的に判断できる。
    2)疑問や課題から研究へと進むことができる。

  5. 人々と良い関係を持ち、自らも意見を述べながら、物事に協働して柔軟な対応ができる。

  6. 看護や自らの将来を見通し、今後に向けて創造的に、企画、改革に挑戦していく基礎的能力をもつ。

  7. 看護が果たす社会貢献の観点から、国際的な視点を含め、広く地域の健康に貢献できる基礎的能力をもつ。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。

PAGE TOP